×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パチスロ初心者・スロット負け組み支援サイト「スロット回胴どっとねっと」

換金率について
ここでは、換金率(交換率)について説明したいと思います。
換金率とは、獲得した枚数によって現金へ交換してくれる割合のことをいいます。
換金率は店によって異なりますので、自分の打つ時間、軍資金等、自分のスタイルに合わせてどの換金率の店に行くか
選んでください

Home初心者BBSBBSChatSlot道場PlofileLink

換金(交換)率って一体何なのさ?


ここでは、換金率(交換率)について説明したいと思います。
換金率とは、獲得した枚数によって現金へ交換してくれる割合のことをいいます。
換金率は店によって異なりますので、自分の打つ時間、軍資金等、自分のスタイルに合わせてどの換金率の店に行くか
選んでください。

メダルは1000円で50枚(1枚20円)で借りることは、他でも説明しました。
しかし、獲得したメダルはお店の換金率によって価値が違います。

等価交換 獲得したメダルを交換時、50枚で1000円の価値。
6枚交換 獲得したメダルを交換時、60枚で1000円の価値。
7枚交換 獲得したメダルを交換時、70枚で1000円の価値。
7.5枚交換 獲得したメダルを交換時、75枚で1000円の価値。

上記の表でもわかるとおり、等価交換なら借りたメダルと同じ価値があるのに対して、他は借りたときよりも価値が下がっています。
獲得した枚数が1200枚だったとすると、等価なら24000円、6枚なら20000円、と差が出てきます。仮に1200枚獲得したけど、
投資額が20000円(1000枚)かかったとします。等価だと4000円勝ったことになりますが、6枚交換だと、1000枚の投入に対し
1200枚獲得しているのに勝ち額は0円です。
こう考えると、等価のほうが得と考えるでしょうが、そうとばかりと限りません。
それを下に説明します。


等価交換の特徴 交換時の価値が高いため、設定が全体的に低め。
6枚交換の特徴 交換時の価値が少し低いが、設定は全体的に等価よりも少し高い。
7枚交換の特徴 交換時の価値が低いため。設定が全体的に高い。

つまり、等価交換の店と6枚交換の店が同じ出し方をしていたのでは、等価交換の店は損をしてしまいます。
だから設定は全体的にさげてしまうのです。お店も商売ですから。
逆に7枚交換のほうは、換金率のギャップをうめるために出玉率を上げるわけです。
しかし中には、交換率が悪い(7枚交換など)のに、設定が等価交換並みに低い店もあるので、

店選びは慎重に注意して選びましょう。

初めて行く店では、交換率がわからない店もあると思いますので人に聞いて確認してから打つことをお勧めします。

短時間で勝負(仕事帰り等、あまり長い時間打てないとき)は等価交換、朝一番からなど、長い時間勝負するなら7枚交換など
の方が投資を抑えつつ収支が出る可能性が高いとおもいますが、これはあくまで管理人の考え方なので自分の考え方ですので、
自分のスタイル、店の特徴にあわせて店選びをしましょう。

<Slotって何?